タイプ別:タイプA群 なんとかなるさくん

タイプ別:なんとかなるさくん

 

 

 

 

① 面倒くさがりで楽天的
② 思い付きや状況で返事をしてしまう。
③ 細部への気配りは苦手だけれど、全体を捉えるのは上手。
④ ママの心配やイライラに気づかなかったり、
その原因が何かわからないことがよくある。
⑤ 自分の興味のあることに周りが共感してくれるとうれしい。

グンと伸びる工夫とは

 

① 面倒くさがりなので、何ごとも短時間で処理できるよう工夫します。
 5分~6分のすき間時間の使い方を幼いころから訓練しておくと
集中力も養えるでしょう。
結果がすぐ分かりやすいもの、またはルーティンワークを
粘り強く続けられるよう工夫してあげてください。

② 思い付きは状況で返事をしてしまうのは、
  目の前の面倒なものを早く処理したい、という思いから。
深く考えず、約束をしてしまったり、
処理をしてしまうことがあります。
まずは、親がいれば大丈夫なものや危険な作業でないものを通して、
失敗をさせてください。
お子さんが、その失敗に対応できなくても助けず、
どうすればいいか考えさせるようにします。
そんな体験を通して、
「じっくり考えて返事をすること」の大切さを伝えるようにします。

③ 細部への気配りは苦手なので、
親がイライラしていても、気づかないことがあります。
さらには、親がその原因を伝えても、理解できていないこともあります。
何かを伝える場合は、その話に集中できるよう工夫し、
ゆっくり、じっくりと話すようにします。
また、約束したことを忘れることもあります。
「約束したことを守れない!」とチェックをする姿勢ではなく、
できるようになるようバックアップする姿勢で接してみてください。

工夫例【約束や予定を紙やホワイトボードに書いて見えるようにする。】

 

 

 

 

 

③の2 全体を捉える能力があります。
あまり細かいことを言い過ぎないように気を付けてあげてください。
成長したあと、力強く前進する力を持っている子の多くは、
このタイプの子どもたちです。

④ ママの心配やイライラに気づかなかったり、
その原因が何かわからないことがよくあります。
話し合いをする場合は、ストレートに問題点をぶつけるようにしましょう。
たとえば、
「●●の件だけど、結果はこうだった。どうして、そうなったと思うか」
というようにです。
また、親が怒っているとき、お子さんを責めるのではなく、
行動や考え方を直した方がよいことを伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

⑤ 自分の興味のあることに周りが共感してくれると
やる気もグングンと育ちます。
親が望むような学習を嫌がることが多々あるでしょう。
また、やっと机にむかったとホッとしていると、
ただ消化するだけだ、と不安になることがあるかもしれません。
ですが、このタイプのお子さんは、
興味を持ったものから多くのことを学べるタイプです。
ワークやドリルは「習うより慣れろ」「質より量」と考え、
コツコツ継続させることを大切にしてあげてください。
そして、興味のあるものは、なるべく読み物を与え、
語彙を育てるようにします。同時に、親子研究のつもりで、
知りたいことを一緒に追求することをお勧めします。

 

 

 

語彙力・読解力をしっかりと身につけておかないと
中学3年生、高校1年生で不得意科目の壁にぶつかりやすいです。
「説明を読んでも頭に入らない」
「ボクは●●が不得意だ」
「わたしは、こんなのできないから」
そんな言葉を言いだす前に、対策を講じてあげてほしいです。

たとえば、
小学生の間は、低学年でも、高学年でも音読や読み聞かせを続ける。
日常生活で先行体験を与え、
学校の授業などでやる気スイッチが入りやすいようにしておく
苦手意識をもっているものがでてしまったら、
焦らずゆっくり、粘り強くケアするようにする。
などの工夫をお願いしています。

「先行体験」を試みた後で

「先行体験」ではいろいろなことを体験します。
そのあとで、
(母)「ねぇ、この間の〇〇を覚えていますか。
あれはなんだった。おぼえてる」
などと、チェックをしないように気を付けてほしいです。
これはどのタイプのお子さんにでもいえることですが、
知識の「ある」「なし」または「その量」を競い合うのは
AIと共生する彼らのとって、
さほど意味をもたないことだと考えています

それより、粘り強く「自分しかできないこと」を探求する力
育てあげてほしいです。考えることが嫌になっては残念です。

このタイプのお子さんは
諦めが早いので、注意が必要です。

トップにもどる
PAGE TOP