タイプ別:タイプC群 わが道を行きますくん

わが道を行きますくん

 

 

① 一見、面倒くさがりに見えるが、興味を持つと
粘り強さを発揮する。
② 好き嫌いがはっきりしている。
「嫌いだ」「苦手だ」と思うと、そこから先に、
思考が進まなくなるので、
好きなことから好奇心を育てるようにする。
③ 人から干渉されるのが嫌いなので、
親ができる限り待つようにする。
④ 壁にぶつかっても、悩みを口に出せないことがあるので
日ごろからお子さんの様子を観察しておく。
⑤ 子どもの中で準備が整うまで
時間に任せて「待つ」とよいことが多い。

グンと伸びる工夫とは


たとえば、
自分の興味をもったものは
粘り強く調べたり、考えたりできる。
その興味に紐づけるように、
体験をさせてあげるとよい。
ただ、普段から興味を示すものはなにか、
観察するようにしてあげてほしい。
話しかけても耳に入らないほど集中しているときの
「目」に注目しておくとよい。

② 「負けるかもしれない」と思うと、
動かなくなることがあるので、
たとえば、学習で「壁にぶつかっているかも」と
感じても、少し見守ってあげるようにする。
または、気づかないふりをして、
その壁を克服できそうな体験を
させてあげたらどうでしょう。

③ 人からの干渉を嫌います。
興味のあるものを通して、
関心の領域を広げられるよう工夫したり、
お子さんとぶらりと散歩などに出かけてみたりして、
お子さんが話しやすいよう工夫してあげてください。

④ 口数が少ないので、ときどき親の話を聞いているのかな、
と不安を感じたり、
なんだかぶっきらぼうな返答をされて、
イラッとさせられることもあるでしょう。
そんな時も、お子さんの興味のあることを共有し、

会話の機会を増やしてほしいと思います。
注意してほしいことは、国語力です。
口数が少ない=国語力が心配というわけではありませんが、
どの程度の語彙や表現力を蓄積できているかわかりにくいことがあります。
自分の考えていることや興味のある物についての話をしたときは、
聞き役に徹し、親子でいろいろと考える時間を増やしてほしいと思います。
また、自分の中で完結させてしまうことが多いので、
育ち盛りの思考をバックアップする機会が少ない。

⑤ 手がかからない、親に口を出されるのは嫌だ。という大人びた
部分を持っていますが、でも、失敗したり、傷ついたときに言えず、
苦しんでいることがあります。
親はそれを見逃さないように、お子さんに注意を払うようにしてください。
「任せたら、任せきる」「起こったことに評価をしない」ように
してあげてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにかに失敗した場合

それを指摘するのではなく、
できるだけ知らない顔をして、
お子さんには関わりのない、
第三者の事例を使って
克服法などを提案してあげてほしいです。

「先行体験」を試みた後で

「先行体験」ではいろいろなことを体験します。
そのあとで、
(母)「ねぇ、この間の〇〇を覚えていますか。
あれはなんだった。おぼえてる」
などと、チェックをしないように気を付けてほしいです。
これはどのタイプのお子さんにでもいえることですが、
知識の「ある」「なし」または「その量」を競い合うのは
AIと共生する彼らのとって、
さほど意味をもたないことだと考えています。

それより、粘り強く「自分しかできないこと」を探求する力を
育てねばなりません。考えることが嫌になっては残念です。

トップにもどる
PAGE TOP