タイプ別:タイプB群 きっちりしなくちゃさん

きっちりしなくちゃさん
タイプ:しっかり

 

 

 

① 負けず嫌い。
② 任せられると大きな力を発揮できる。責任感が強い。
③ 人からの評価を大切にするので、
失敗をしたり、注意されないように多くの神経を使う。
④ ほめられると「期待に添いたい」とがんばれる。
⑤ 自分のやりたいこと、自分の気持ちを出すのが下手。

グンと伸びる工夫とは

① 負けず嫌いなので、目標がはっきりすると、
自主的に学習できるタイプです。
ただし、その成果が得られるように目標を立てるように工夫しましょう。
たとえば、
 計算練習や漢字練習などルーティンワークから手をつけてほしいのですが、
答えの〇✖については、お子さんに任せるようにし、
「まずは、3日間続けられたね。」
「今度は、6日間続けられるようにしようね」と
学習習慣の継続に着目するようにします。

② 任せられると大きな力を発揮できるお子さんです。
学校や塾の授業での理解度があまり芳しくない場合も、
お子さんを問いつめたりせず、
改善できるような工夫を提案し、
あとは任せるようにします。

③ 人からの評価を大切にするので、
お子さんの提案を推し進めてはみたが、
うまくいかない場合は、
「やってみたことで得たものがあるはずだ」、
とアドバイスし、
 「失敗は数多くあるもの。
それを土台にしてさらなる工夫をすること」
の大切さを
伝えてほしいと思います。

④ ほめられると「期待に添いたい」とがんばれるお子さんです。
タイプによってはほめると安心してしまう場合があります。
しかし、このタイプのお子さんはほめることが大切です。
また、ほめられないときは期待に添えていないのか、と
思わせることのないように注意を払ってほしいと思います。

⑤ 手がかからない、親に口を出されるのは嫌だ。という大人びた
部分を持っていますが、でも、失敗したり、傷ついたときに言えず、
苦しんでいることがあります。
親はそれを見逃さないように、お子さんに注意を払うようにしてください。
「任せたら、任せきる」「起こったことに評価をしない」ように
してあげてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにかに失敗した場合

それを指摘するのではなく、
できるだけ知らない顔をして、
お子さんには関わりのない、
第三者の事例を使って
克服法などを提案してあげてほしいです。

「先行体験」を試みた後で

「先行体験」ではいろいろなことを体験します。
そのあとで、
(母)「ねぇ、この間の〇〇を覚えていますか。
あれはなんだった。おぼえてる」
などと、チェックをしないように気を付けてほしいです。
これはどのタイプのお子さんにでもいえることですが、
知識の「ある」「なし」または「その量」を競い合うのは
AIと共生する彼らのとって、
さほど意味をもたないことだと考えています

それより、粘り強く「自分しかできないこと」を探求する力
育てあげてほしいです。考えることが嫌になっては残念です。

また、このタイプは、
任せた仕事の出来具合を評価するのもさけたいですね。
まずは、頑張ったことを認め、その後、
「〇〇のように工夫したらもっといいんじゃない。
考えてみてね」と提案してあげてほしいです。

トップにもどる
PAGE TOP