絵本はどんな読ませ方をするの。その1

自分の好きなことを
じっくりとやりたいタイプのお子さん
(ブログでご紹介のNくんの場合)を
さらに伸ばす工夫として、
本の読み聞かせは「量より質」を大切にしました。

下記の本は多くの生徒に読み親しまれた本です。

同じ本を何度も、何度も繰り返し読み聞かせながら
(1)イメージ力
(2)先行体験(語彙力、かえる、自然について)
(3)お友達について
を体験させました。
この本の具体的な活用方法については
お母さんの勉強室にてご紹介しています。
現在、3月追加開催分を募集しています。

ふたりはいっしょ

アーノルドローベル著

PAGE TOP